f:id:koganeisyobou:20160207215209j:plain

 

スポーツの主旨とは?

年末年始にやっていたとある学生スポーツの大きな大会で、負けた強豪校の監督が負け惜しみと取れる発言をし、それが見苦しいとして一部でちょっとした話題になっていました。

少し調べてみたところ、その監督に限らず、他にも負けた強豪校の監督で何人かの人たちが、問題になるほどではないけれどやはり負け惜しみと取れるような発言をしていることを知りました。

それらの監督さんたちの発言から共通して感じ取れたのは、「結果的に負けたけれども、試合の内容的に本当はウチが勝ってもおかしくなかった。負けという結果にどうにも納得が行かない。今回は運が悪かった」というような心情です。

 

しかし、その強豪校に勝った相手チームたちは、特に反則をして勝ったわけではありません。

それにもかかわらず、自分たちの敗北を潔く認めず、相手を称えることもないその監督さんたちの様子を見ていたら、はたしてスポーツというのは何なのだろうか。勝ち負けに勝つことというのは何なのだろうかとあらためて考えました。

仮にその強豪校の監督たちがそのような精神のまま勝ったり優勝したところで、はたしてそれでどうなのでしょうか。スポーツを通じて若者を指導する立場にある大人たちのそのような態度に、「スポーツってそういうものだったっけ?」といささか疑問を感じました。

 

昨年の12月に行われたサッカーのクラブワールドカップという大きな大会の決勝では、世界的なスターであるネイマール選手が相手選手のラフプレーに対する報復行為をしてイエローカードをもらっていました。

その時のネイマール選手の表情は、悪いことをしたというよりも、「仕返しをしてやったぜ」という、ある種晴れやかな表情に見えました。

たしかにネイマール選手は試合中その相手に執拗なほどラフプレーをされていたので苛立つ気持ちはわかりますが、スポーツ選手である者が怒りに駆られて同じやり方で暴力でやり返すというのはいかがなものでしょうか。

ネイマール選手は、審判への暴言等でも度々問題になっています。

 

勝ち負けや勝負事が抱える問題点

私はスポーツが好きですし、スポーツで努力をして成果を出したり達成感を味わうというのはとても素晴らしいことだと思います。

その一方、スポーツは一般的に扱われているほど美しいものばかりではなく、負の側面もあるとも思っています。その例の一つが、先ほど挙げた監督や選手たちの態度にあります。

 

そもそもスポーツに限った話ではなく、勝ち負けに勝ちたいという気持ちの根源にあるものは何でしょうか。

そこには、「勝つことによって自分が他者よりも上の存在だと感じたい。優秀だと思いたい」という要素が少なからずあるのではないでしょうか。

ですからスポーツでは、プロの選手でも学生のスポーツでも、強者には不遜な心や慢心が生まれやすくなります。これは選手だけでなく、監督もファンや応援する人たちも同じことです。

先ほどの強豪校の監督たちも、勝つことで慢心や自尊心が強くなり過ぎて、負けを素直に認められなくなってしまったものと思われます。

 

当書房の本でも書いていることですが、勝ち負けに関することというのはとても刺激的ですから人気があります。

ただ、多くの人がその刺激による興奮を求め、勝つことに執着し過ぎるあまり、スポーツが本来持つ姿とは逆のことが時に現実では起きてしまっています。

例えば、世界一人気のスポーツであるサッカーでは、監督が審判に対して批判したり暴言を吐いたり、選手がグラウンドに唾を吐いたり試合中に相手選手を口汚く罵ったりしても、大して問題視されていないという現実があります。

そういったことはあまりに日常的になり過ぎて、「まあ、よくあることだよね」ぐらいの感じになっています。

本当はスポーツで審判に暴言を吐くなんてかなり普通ではないことだと思うのですが・・・。

 

スポーツや勝ち負けに勝つことの意義、目的とは

それではスポーツの本来の目的や、勝負に勝つことの意義や意味とは何なのでしょうか。

その大きな目的の一つは、自分の精神を鍛錬し成長させることにあるのではないかと思います。

勝負に勝つだけではなく、日々のトレーニングや試合を通して自分の精神を成長させる。

難しい状況にある時や、勝負に負けて怒りや悲しみなど負の感情に駆られそうになる時も、自分の心を抑制できる強さを身につける。

そういう部分にスポーツや勝負事の真価があるのではないでしょうか。

そこを間違えて、勝つことで自分たちが他者より優れていると認めさせたいということだけに気が行くようになってしまうと、本来スポーツが目指す精神からも、人としての成長からも遠ざかることになってしまうのではないかと思います。

 

最初に挙げた負け惜しみ発言をした強豪校の監督やネイマール選手は、強豪であったりプレーの上では優れているのかもしれませんが、精神面の成熟度ではどうでしょうか。

「勝てば官軍」という言葉があるように、えてしてスポーツの世界では結果を出す(勝つ)ことで全てが肯定される風潮があります。

でも、スポーツという世界のその外にある、もっと広い人間社会全体での視点で見ればどうでしょうか。

スポーツでもその他のことでも、勝ち負けに勝つということ以上に、もっと重要性の高いものがあるのではないかと思います。

 

 

刺激から離れる生活: 苦しみを減らす。心を安定させる

刺激から離れる生活: 苦しみを減らす。心を安定させる

  • 作者: 佐藤密
  • 出版社/メーカー: 小金井書房
  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

明日15日はとさやのラジオに出ます。 ゲストは31日に叩くLadybug Thrusts! 2008年7月15日(火) 浅草theとさや85 18:00から葛飾FMで生ライヴやります。 葛飾FM 78.9MHz 毎週火曜日18:00〜18:55 「焼肉もラジオも強火が一番」 http://kfm789.radilog.net/ ラジオが入らない地域の方はこちらから聞けます FAX・メールお待ちしてます!

f:id:AR30:20130811071703p:plain

 

韓流スターのイ・ビョンホンさん(43)と女優のイ・ミンジョンさん(31)

8月10日、ソウル市内のホテルで挙式

 



韓流スター、イ・ビョンホンさんが挙式 ソウル (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
韓国メディアによると2人は2006年に知人を通じて知り合い、昨年8月にホームページで交際を明らかに。今年6月、所属事務所が8月10日に結婚すると発表していた。新婚旅行先はモルディブだという。 ...

https://www.reddit.com/3r00id/

七夕メニューを作りました〜♪

うさちゃん:「ねこはただ遊び歩いてる訳ではありません!家事もやって遊び歩いてます!!」

うさちゃん、ありがとう!!

。。。。。。。。

f:id:pinkstrawberryflavor:20150708155047j:plain

f:id:pinkstrawberryflavor:20150705153614j:plain

メインはサーモンの蒸し焼き♪短冊風のパプリカを添えて♪
さくらパンダ:「無理矢理でまつぅ〜」

f:id:pinkstrawberryflavor:20150708155330j:plain

洗いやすさを無視した超かわいい器にそば〜♪

中央に白くまさんがいるんです♪

七夕の星をイメージしてオクラをちりばめました〜♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150708155353j:plain

紅茶のゼリー♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150708155426j:plain

中に凍ったイチゴとブルーベリージャムが入っています!!

f:id:pinkstrawberryflavor:20150708185329j:image
f:id:pinkstrawberryflavor:20150627214556j:image

f:id:pinkstrawberryflavor:20150627214607j:image

ポチッとクリック投票お願いします(≧∇≦)
↓↓↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

ちょっとダークなネコちゃんラインスタンプ販売中♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150626231246j:image

もしっ!気に入っていただけましたら♪是非!使ってください(≧∇≦)
「ダークなピンクにゃん」
かわいさを最大限に利用するダークなねこちゃんスタンプ。おしゃれとお菓子とねずみのぬいぐるみが大好きな猫ちゃんで、りすのようなモフモフしっぽがトレードマーク。
ストアURL↓
http://line.me/S/sticker/1093762

Official Billboard Hot 100 Top 10(2015/8/22)

Billboard Hot 100 - Top 100 Singles (2015/8/15)

 

2015 Grammy Nominees

2015 Grammy Nominees

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 2015/01/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

2016年6月1日
【評価:5.0/5.0】
 
【一言】
最低、クソすぎるw(褒め言葉)
マジでデッドプールだった!
こりゃ、最高だよ!
 
 
『呼んだ?』
デッドプール
(原題:Deadpool)

 

目次

  • 【STORY】
  •  
  • 【詳細】
  • 【感想】

 

 
 

【STORY】

原作はアメコミ「MARVEL」。本作はX-MENシリーズのスピンオフ。

 
 身体を癌に侵されたウェイド。彼に救いの手を差し伸べたのは全身黒スーツに見を包んだ男。癌を治すだけでなく特殊な能力も与えると囁く…。

 しかし手術の後に生まれたのは顔がボコボコで醜い顔と不死身の身体だった。彼はこの仕打ちを復讐すべく赤いスーツに見を包み追跡を始める。
 
 こうして不死身で、超無責任な俺ちゃんヒーロー、デッドプールが誕生した!
 

 

【詳細】

監督:ティム・ミラー
制作:20世紀フォックス
原作:スタン・リー
上映時間: 108分
日本公開:2016年6月1日
配給:20世紀フォックス

HP:

www.foxmovies-jp.com

 
 
 
 

【感想】


 まず、期待と予想を良い意味でズバッと裏切ってくれました!これ以上にないってくらいに最高の映画!

 いや〜笑わせられた!映画ネタのセリフが面白すぎる!しかもここ数年の映画ネタばかりなので若者も楽しめるはず!
 下ネタのオンパレード。マジでクソすぎるw 普通に下ネタを字幕で出すし、英語のセリフでも下品な言葉って聞き取れるし。デップーはジェスチャーでも行動でもほとんどに下ネタを持ってくるw
 
 いや、アクションは相当綺麗でしたよ。見せ場をちゃんと考えていて、そこに他のシーンを上手く(デップーらしく)まとめてました!
 
 そもそも、この映画のジャンルって何?(笑) ヒーロー?アクション?コメディ?恋愛?伝記? 全部ぶち込んで話がしっかりと完成しているってすごいよ!(どの部分もしっかりしてたし!)
 
 ほんと、語りたい!でも、少しでもボロを出すと絶対にネタバレになるので気をつけます(`・ω・´)ゞ

 とりあえず、観たら元気になって前向きな気持ちになりますよ!

 
 
 デッドプールだった!本当に面白すぎる!!あのノリ、下ネタ、ギャグ、アクション・・・全てが最高すぎる!これは若い人とか絶対に楽しめますよ!
 
 ちゃんとデッドプールしているんですよ。漫画を読ませてもらったり、見たり聞いたりするデッドプールそのまんま。ほんと、上手く作りましたね〜!
 
 多分、一つ一つ面白いところとかを書いていきたいんですが、それをやったら絶対にネタバレになります。それほどこの映画が全編を通して良い(?)ものなんです!
 
 
 
 

 正直、自分が一番楽しんでのはここかもしれません。
 映画ネタが多すぎる!そしてどれも最高!!ここまでブチ込まれると気分がいいね♪ 爆笑もの!
 
 安心してください!出てくる映画ネタのほとんどは最近の作品ネタです。白黒映画とか西部劇みたいに古くて知らないようなネタは一切出てこないので、若い方でも十二分に楽しめるはずです!
 
 出来ることならここでいくつか紹介したい!でもあえてしません。だって観て、わかった時の嬉しさと楽しさと面白さを台無しにしちゃいますから。気になる方は公式情報や映画サイトに載っているのでググっちゃってください!
 
 ちなみに、笑ったのは………映画が始まって数十秒からのシーン、エンドロール後のシーン。それから某ヒーローチームネタには爆笑!⇚自分も混乱してるよ、デップー!(笑)
 ここはパンフレットに事細かく書いてあるので、絶対に買うべき!
 
 正直、パンフレットを見て初めて気がついたネタもたくさんあったので、相当数のネタが盛り込まれているってこと!是非探してみてください!
 
 
 
 

 下ネタがクソすぎるw いや面白いですけどね(笑) 口を開けば何かしら下ネタが飛び出す。まぁ彼が黙ることなんてないですが(笑)
 
 字幕に出てくる文字の下ネタ率はヤバいと思うw 英語で放送禁止用語や下品な言葉を喚いているって自分でもわかるくらいですもん。
 
 で、デップーのあのノリで言うからまた面白いんですよね。軽くて口から言葉が溢れて止まらない彼がサラサラと言うから面白いんです!
 あとは、どこまで下ネタを知っているかですかね?隠語とかジェスチャーとか……。(個人的にはエンドロールでデップーがユニコーンを◯◯るのがツボでしたwしかもその後ユニコーンが・・・w)

 
 
 

 アクションは、予告とかでもわかる通り凄い。どちらかというと映像の見栄えに重点をおいた感じなんですかね?だから見やすいし、綺麗。
 
 高架橋から敵の車列に垂直落下していくシーンからは本当に凄かった!!!

 
 ここもデップーらしく全く妥協せずに殺しを描いてくれて嬉しい!アベンジャーズとかだと撃っても血が出ないし倒れるだけだけど、今作はちゃんと血が飛ぶし肉片が散乱するし、頭が吹き飛ぶし腕が切れるし……。










 ラブストーリーも結構入れてくるんですよね。違和感なく。日本版キャッチコピーで「愛を知る全人類〜」とかほざくアメコミ映画とは全然違う!
 
 王道だけど抜かりないラブストーリー。もちろん「スパイダーマン」のピーターとMJには追いつけないけど…。
 
 
 

 で、観ていてわからなくなるんですよ。「あっれれぇ〜?この映画ってジャンルなんだっけ?」って。
 
 だって原作はアメコミのヒーロー。もちろんアクションは凄い。で、ラブストーリーが入ってきて、下ネタとネタのコメディ。作りは若干伝記映画に似ているなぁ〜って。
 
 でもこれだけ盛り込んでも2時間に押さてえかつ、非の打ち所の無い作品に仕上げた監督はすごい!脚本も"本当のヒーロー"です!

 
 
 

 そう、聞いてくださいよ!今回来場者を貰えなかったんです。あの「コップのデブこ」超欲しかったんですが…(泣)
 
 全国で先着6万名。本作の上映館は全国348館。単純計算すると60,000÷348≒172で一映画館に172個しか配布されないってことですよね?こりぁ無理ですよ(笑) 映画が最高だったので許します。
 あ、それから映画には恒例カメオ出演の彼も出てますよ!
 そう、今日は同じ劇場全員で映画を楽しんでいるって感覚があって本当に楽しかった!まず、デッドプールのコスプレをした人がいて、前に出て踊り始めて…みんなは拍手!
 映画が始まる前と、終了後にもみんなで映画に対して拍手。映画ってこうやって楽しむものなんだと思いました!

4ヶ月経過しました。肉体的な変化は前回のブログに記載した通りです。60分のレッスンをほぼ週3でやってますが、ブログ等でよく見かけるような大きな変化は有りませんでした。まーそもそも痩せ型であること、夜のお付き合いはあまり減らず、基本的には毎日飲んでいることも原因かもしれません。それでも変化があるんですから、それなりに効いてるんだと思います。ヨガを始める迄は良い方向への身体の変化は全く無かったわけですから-----。身体能力的に軽やかになったような実感も今のところ有りません。

あえて言うなら、身体のいろいろな部位で柔軟性に改善が見られるところでしょうか。一時は4週間180°を目標にしてみようとも思いましたが、そもそも毎日できる気がしないので諦めました。誰かズボラな私でも開脚180°⁉️みたいな本出してくれないですかね。来年の今頃には開いてみたいもんです。180°

それともう一点、モデルの芥川舞子さんがCMで

「ホットヨガでは、体中の水分が全部入れ替わるんじゃないかっていうぐらい汗がでます。1回、1回生まれ変わるみたいな、新しい自分になって私よし、って思う。そんな風にハマっていく人が多いです。」

とコメントしています。この点について、個人的にはまさにそんな感じです。私の場合、2ℓの水➕他の水分も合わせれば、トータル3-5ℓほどの水分を日々摂取します。60分のレッスンでは、蓄積された水分が一気に放出される感じで、体重は毎回1㎏前後変化するほどです。ちなみに、中学生の頃はバスケットボールをしていましたが、ほとんど水分を取らずやっていたせいか、汗をかくことはなく、先生からは真剣に走れ⁉️としょっちゅう注意されてました。今のスタジオにも汗をほとんどかいていない人もいますが、そう言うことなんでしょうか。

血液のサラサラ具合やコレステロール、その他の改善につながればいいんですが、そのあたりは春の健康診断の結果を見て報告したいと思います。

現時点では何とも言えませんが、続ける価値もありそうなので、しばらく続けて見たいと思います。